転職の面接の準備

転職の面接の準備をする時に、必ず用意しておく3つのことがあります。

面接の準備で必ず明確にしておくべき3つの事と言うのは、

1.自分には何ができて何が得意なのか。

2.自分がどんな職場でどんな仕事をやりたいのか。

3.企業はどんな人材を求めているのか、どんなニーズがあるのか。

という3つです。

「転職の面接」で必ず聞かれる質問集5つと模範解答例はこちら。

転職をする目的というのは人によってそれぞれ違います。

もっと今よりも給料が高い会社に行きたい。

もっとやりがいのある仕事がしたい。

もっと居心地の良い社風が自分に合ったより良い会社で働きたい。

将来〇〇と言う仕事をしたいから、今〇〇の経験を積みたい。

大好きな企業があるからそこの会社で働きたい。

など人によって転職の理由は様々です。

自分に出来る事と自分のやりたいことというのがあるのはもちろんですが、それだけでは転職活動を成功させることは難しいのです。

転職活動は結局採用の可否を決めるのは企業側であり、企業側が求める人材像に自分が合っていなければ採用されることは難しいのです。

したがって面接の準備としてしなければならないのは、自分には何ができて自分には何が得意でどのようなことをアピールできるのか。

自分がどんな仕事をやりたいのか。

という事だけではなくて企業が求める人材像はどのようなものなのか、企業にはどのようなニーズがあるのか。

ということを徹底的に調べて、その3つがうまくちょうど交わるところを転職の面接でアピールすることが必要になってくるのです。

この3つがちょうどうまく交わる点のポイントをアピールすることができて、初めて企業側はこの応募者を欲しいと思う気持ちになり、転職活動が成功するのです。

転職活動における面接は自己アピールの場であり、一方的に自分の長所をアピールしがちですが、あらかじめこの3つの準備をしておくことで、面接官の質問に対して面接の現場で臨機応変に適切に相手が欲しいと思う答えをすることができるようになります。

また、自分が経験してきて得意で、うまくできることというのはできるだけ具体的に自分なりの言葉でエピソードを交えて語れるようにしておくことが大切です。

相手の面接官に具体的なイメージを描いてもらうためには、簡潔に形式的に答えるだけではなく実際の現場でどのように働いてきたのかという具体的なイメージをしてもらうことが必要になります。

また、少し高度な技術かもしれませんが、面接官に強く印象を与えるために、こちらから面接官に質問をするという方法もあります。

その点に関しては、具体的に経験をされたこちらのブログ(【10回以上経験】最終面接でするべき逆質問!役員にはこれを聞け!)が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です