ファイナンシャルプランナーの資格

保険のアドバイザーとしてパート勤務していましたが、やはり保険の仕事をする上でお客様方へよりよいアドバイスができるよう、FPの勉強をした方が良いな〜と感じるようになりました。

FPの資格は、銀行、保険、税金、年金などお金に少しでも関わる仕事をするなら就職に有利になる資格です。

普段から保険の様々な商品を扱っていると必要なプランをお客様方の話しを聞きながらプランを設定していくのは、とても重要になりますし、お客様方のニーズを理解するためにもFP3級の勉強から初めてみました。

個人資産の学科試験と実技試験があるので、FP3級のテキストをネット本屋さんで購入して、金融財団が推奨しているテキストを購入しました。

自分で探すのは大変なので、通販サイトから購入した方が便利ですし、間違いないだろうと思って購入しました。

税金に関しては、毎年改正されますし、その年にあった税制に関して適用されているのでFPの勉強に関しては新しいテキストを用いて勉強することが何より重要だと実感しました。

まず最初に、購入した本をサーっと読み流し、そして2回目は重要な部分を少し黄色い蛍光マーカーで線を引くなど工夫するようにしました。

あまりマーカーでの線引きは、様々な色を使うと読みにくくなるので、黄色のみで利用するようにするなど、本数を制限してから付箋なども貼っておき、ここはとても覚えにく箇所・よく頻出問題として出題される部分など、自分で学習していくうちにコツがわかってくるので、その部分は付箋を貼ってチェックするようにしました。

問題集は直接書き込まずに、ノートや不要な紙に答えを書いていき、よく間違う部分はまた時間を置いて解き直すようにしました。

何度も繰り返して答えは暗記できるほど解き直しを行うなど、繰り返し・繰り返しFP3級の問題は何回も解きました。

移動中も問題をチェックするなど、隙間時間を使って勉強するように工夫していたので、帰宅後は子育て・仕事との両立も問題なくできました。

帰宅してからは家事や育児などバタバタするのでまとまった時間の確保が難しく、隙間時間で勉強し、無事にFP3級取得できました。